2019年10月20日日曜日

完売のお知らせ「露の新治落語会」(11/13)


1113()に天満天神繁昌亭の夜席で開催される「露の新治落語会」は補助席も含め完売しました。

2019年10月16日水曜日

11月号を入稿しました!


「よせぴっ」201911月号(159)1016日に入稿しました! 人気のリレーエッセイ「笑うてABC」は朝日放送プロデューサーの戸谷公一さん、「じゅずつなぎ」は笑福亭純瓶さんにご登場いただいております。

「よせぴっ」11月号は1024日に発送します。11月号の紙面は「よせぴっ」のオフィシャルブログからダウンロードできます。紙面は24日以降にアップします。ご活用ください。

放送延期のお知らせ「ニッポンぶらり鉄道旅」


10月17日に放送予定だった笑福亭銀瓶さんご出演のNHK BSプレミアム「ニッポンぶらり鉄道旅」ですが、台風19号の被害で岩手県の三陸鉄道が一部不通となっていることから放送延期となりました。復旧を待っての放送となるそうです。放送日は改めて告知させていただきます。

2019年10月9日水曜日

NHK BSプレミアム「ニッポンぶらり鉄道旅」(10/17)

笑福亭銀瓶さんが7月に続き、2回目のご出演です。
今回は三陸鉄道リアス線に乗って、釜石から久慈までを旅します。
ぜひご覧ください!

NHK BSプレミアム「ニッポンぶらり鉄道旅」



2019年10月8日火曜日

「NHK東西浪曲大会」(11/16)


NHK東西浪曲大会」の観覧の申し込みが始まりました。入場は無料です。観覧ご希望の方は往復はがきでお申し込みください。応募締め切りは1030()必着です。

NHK東西浪曲大会」
11/16() 16:00開演
会場=NHKホール(大阪メトロ「谷町四丁目」➁➈)
出演=京山幸太/真山隼人/澤孝子/春野恵子/京山小圓嬢/京山幸枝若(出演順)

詳細は

「桂文枝独演会」@フェニーチェ堺


大阪・堺で生まれた六代桂文枝さんが、10月に堺市にオープンした新しい劇場・フェニーチェ堺で独演会を行い、河内屋菊水丸さんとの「河内音頭と落語のコラボ」で「阪田三吉物語」を披露します。この作品は294作目。ほかに自作の「親父の演歌」も演じます。また、大木こだま・ひびき、ロバート、ミキ、もりやすバンバンビガロが登場します。

「桂文枝独演会」

10/8() 開演=14:00
料金=S5000  A3000(全指)
会場=フェニーチェ堺(南海「堺東」)
問い合わせ=フェニーチェ堺:072-228-0440



2019年10月3日木曜日

<輪茶輪茶庵ロビー寄席>10月


天満天神繁昌亭のロビーでは基本的に毎週木曜日の午後12時半から「輪茶輪茶庵ロビー寄席」が行われています。毎回、若手2名が出演。入場は無料です。(出演者は変更の場合あり)

103 月亭希遊・桂笑金

1010日 桂九ノ一・桂二豆

1017笑福亭呂翔・桂源太

1031日 桂枝之進・桂雪鹿



2019年10月2日水曜日

「第401回 NHK上方落語の会」(11/7)


「第401回 NHK上方落語の会」の観覧の申し込みが始まりました。入場は無料です。観覧ご希望の方は往復はがきでお申し込みください。応募締め切りは1021()必着です。

「第401回 NHK上方落語の会」

11/7() 18:20開演
NHKホール大阪(メトロ「谷町四丁目」➁➈)
二葉/生寿/しん吉/米二/かい枝/文珍(出演順)
詳細はHPで。

2019年10月1日火曜日

10月号を発送しました!


「よせぴっ」201910月号(158)926日に発送しました! 人気のリレーエッセイ「笑うてABC」は朝日放送アナウンサーの伊藤史隆さん、「じゅずつなぎ」は桂りょうばさんにご登場いただいております。


桂りょうばさん(りょうばさん提供)

 ***********************

10月号の読み物では、桂吉坊さんが言葉を生業としている人とともに開く「ことのは会」、桂米紫さんが入門25年を記念して開く25日間の落語会「桂米紫25日落語会」、露の団四郎さんの大阪仁輪加と井上陽一さんの活弁との競演「無声映画と大阪仁輪加」、桂塩鯛さんが毎年、サンケイホールブリーゼで開催している「桂塩鯛独演会」、桂よね吉さんと狂言の茂山千五郎さんが続けている「笑えない会」、林家菊丸さんが入門25年記念で初めてなんばグランド花月で開催する「林家菊丸25周年記念独演会」、笑福亭松喬さんが大阪松竹座で開く独演会「第1回松喬三昧」、毎年恒例の「織田作まつり」、繁昌亭の13周年記念セレモニーほかをご紹介しています。

人気の連載エッセイ「島之内寄席通信」は、月亭天使さんが「島之内寄席」の10月席について綴ってくださいました。




トリの笑福亭福笑さん(上方落語協会提供)

*****************

「第1回 ことのは会」
 (10/3、天満天神繁昌亭)
言葉を使う他ジャンルの芸能と競演する会の第1弾は「文楽」がテーマ。吉坊さんと文楽座太夫の豊竹芳穂太夫さん、文楽座三味線の鶴澤友之助さん、木ノ下歌舞伎主宰の木ノ下裕一さんが登場します。



左から芳穂太夫、吉坊、木ノ下裕一、友之助(吉坊さん提供)

******************
 

桂米紫25日落語会
 (10/42918日をのぞく、千日亭)

平成6年入門組の桂米紫さんが25周年を記念し、25日間の落語会を開催します。12席ずつ、計50席を演じます。



桂米紫さん

 ******************

無声映画と大阪仁輪加
 (10/12、神戸新開地・喜楽館)

 今年芸歴40年となる関西で唯一の活弁士、井上陽一さんと大阪仁輪加を継承する露の団四郎さんが共演する貴重な会です。



井上陽一()さん、団四郎さん

*******************
桂塩鯛独演会
 (10/14、サンケイホールブリーゼ) 

恒例のサンケイホールブリーゼでの独演会、今回、塩鯛さんは「くしゃみ講釈」と師匠の桂ざこばさんの得意ネタ「へっつい幽霊」、六代桂文枝さんの創作落語「鯛」の三席を演じます。



 桂塩鯛さん

******************** 

8回 笑えない会
 (10/14、京都府立府民ホール・アルティ)

桂よね吉さんと狂言師の茂山千五郎さんが2012年から開催している「笑えない会」。それぞれが毎回、難曲や大ネタに挑んでいます。今回、千五郎さんは上演されることがほとんどない「離縁の沙汰」を、よね吉さんは「天下一浮かれの屑より」を初演します。




茂山千五郎さん(左)、桂よね吉さん
 ******************

1回 松喬三昧
 (10/26、大阪松竹座)

七代目笑福亭松喬さんが大阪・道頓堀の大阪松竹座で開く独演会の1回目。今回は泥棒ネタ三席を演じます。掌中の古典「転宅」や「子盗人」に加え、初めて小説を自分で仕立てた落語を演じます。



七代目笑福亭松喬さん

*****************

林家菊丸25周年記念独演会
 (10/27、なんばグランド花月)

林家菊丸さんが落語家生活25周年を記念して、初めてなんばグランド花月で独演会を開催します。一人で古典の「湯屋番」と「幸助餅」、自作の「留学生マットくん」と「貢ぐ女」の4席を演じるほか、師匠の林家染丸さんたちからの映像メッセージなども華を添えます。




林家菊丸さん

 ******************

天満天神繁昌亭13周年記念セレモニー
 (9/1、天満天神繁昌亭) 

2006年にオープンした天満天神繁昌亭の13周年を祝う記念式典が915日の記念公演開演前に行われました。20198月末時点での来場者数は1782917人と発表されました。






*******************

magazine
「調査情報」(TBSメディア総合研究所/731円、税別)

TBSメディア総合研究所が隔月で発行している放送専門誌。20181112月号から2019910月号まで桂雀喜さんが連載されていました。取り扱いは東京の八重洲ブックセンター、丸善日本橋店、紀伊國屋書店新宿本店、三省堂神田本店、ジュンク堂池袋店、MARUZEN&ジュンク堂渋谷店で。上記取扱書店以外でも、最新号やバックナンバーの取り寄せができます。
富士山マガジンサービス(Fujisan.co.jp)、Amazonamazon.co.jp)などでも取り扱っています。最新号やバックナンバーの取り寄せも可能です。



***********************

 <COMIC>
「定本 寄席芸人伝」  (古谷三敏/小学館/361円、税別)

古今東西の寄席芸人の日常や生きざまを虚実交えながら描いた名作コミック「寄席芸人伝」をコンビニ向けに再編集し、1集に十数話ずつ収録したシリーズが今年1月から月刊で発売されています。各集に特別コラム「昭和名人列伝」と東京の4つの寄席の月間案内も掲載されています。



※提供記載のない写真は日高美恵が撮影しています。各写真の無断転載はご遠慮ください。

10月号の紙面は「よせぴっ」のオフィシャルブログからダウンロードできます。紙面はアップされています。ご活用ください。


2019年9月14日土曜日

「志の輔らくご」(11/14~17)


東京の立川志の輔さんが続けている「志の輔らくご」の大阪公演が1114日から17日まで森ノ宮ピロティホールで開催されます。チケットは916日の午前10時から発売されます。

志の輔らくごin森ノ宮2019

11/14(木)・15() 開演=18:30 
11/16(土) 開演=17:30 
11/17()  開演=13:30
 
料金=5000(全指) 
会場=森ノ宮ピロティホール(メトロ・JR「森ノ宮」)
出演=立川志の輔 ※全日程、同一演目

問い合わせ=キョードーインフォメーション0570-200-888(10:0018:00)



2019年9月11日水曜日

春風亭昇太の「オレスタイル」(2020.3/20)


人気番組「笑点」の司会をつとめ、今年、東京の落語芸術協会会長に就任した春風亭昇太さんの大阪での独演会が決定しました!

昇太さんがライフワークとして長く続けている独演会「オレスタイル」が大阪で約10年ぶりに開催されます。チケットの一般発売は1019()の午前10時からです。

平成紅梅亭Presents 春風亭昇太独演会「オレスタイル」

2020320日(金・祝)

開演=12:00/16:30

料金=4500 昼夜通し券8000(全指)

会場=森ノ宮ピロティホール(メトロ・JR「森ノ宮」)


出演=春風亭昇太 ※昼夜は別演目です。



問い合わせ=キョードーインフォメーション:0570-200-888(10:0018:00



2019年9月3日火曜日

9月号を発送しました!


「よせぴっ」20199月号(157)827日に発送しました! 

人気のリレーエッセイ「笑うてABC」は朝日放送アナウンサーの三代澤康司さん、「じゅずつなぎ」は月亭遊真さんにご登場いただいております。



月亭遊真さん(本人提供)

9月号の読み物では、今年、七回忌の六代目笑福亭松喬さんを偲ぶ会「おかえり松喬さん」、兄弟弟子の旭堂南海さんと旭堂南湖さんが12日間で50席の講談を読む「芸歴50年連続講談会」、桂吉の丞さんが6人の兄弟子を順に招いて開くふたり会「吉の丞進学塾・特別編」、浪曲の京山幸太さんが喜楽館で開催する独演会、林家染二さんの恒例の独演会、桂福団治さんの芸歴60年を祝う記念公演、2015年に亡くなった桂米朝さんの五年祭の来年3月に開催される「米朝まつり()」、9月に名古屋の大須演芸場で開かれる「令和の晩夏 東西住吉踊り」、昨年4月、仙台市にオープンした花座ほかをご紹介しています。

人気の連載エッセイ「島之内寄席通信」は、桂三語さんが「島之内寄席」の9月席について綴ってくださいました。



トリの七代目笑福亭松喬さん(上方落語協会提供)

*****************

「おかえり松喬さん」 (9/7)

2013年に62歳で亡くなった六代目笑福亭松喬さんの七回忌の今年、松喬さんを偲ぶ会が天満天神繁昌亭で開催されます。兄弟子の福笑さん、弟弟子の松枝さんも出演され、座談会も開かれます。松喬さんの高座映像のほか、毎日放送制作のドキュメンタリーも上映されます。



 左から生喬さん、松喬の妻・高田敬子さん、遊喬さん


**********************

「芸歴50年連続講談会」(9/8,ツギハギ荘)

旭堂南海さんが芸歴30年、旭堂南湖さんが芸歴20年の節目の今年、2人の芸歴を合わせて50年となるのを記念して、2人で50席の講談を読む講談会が開かれます。南海さんは「浪花侠客伝」、南湖さんは「赤穂義士伝」の続き読みに挑むほか、それぞれ一席物や新作を読みます。



南湖さん()、南海さん

*************************

「吉の丞進学塾・特別編」
(9/13202710/41118 動楽亭)

故・桂吉朝の最後の弟子の桂吉の丞さんが6人の兄弟子を順に招く二人会を開催します。



写真=佐藤浩

*************************

京山幸太の実験的前衛的“超”新作的独演会
9/27、神戸新開地・喜楽館)

若手浪曲師の京山幸太さんが古典、新作、“超”新作を演じる独演会を開催します。“超”新作では妹弟子の京山若菜さん、京山幸乃さんがバックダンサーをつとめます。



  **********************

 「林家染二独演会2019
 (10/26、エルセラーンホール) 

 今年、芸歴35周年の林家染二さんの秋恒例の独演会。3つの噺に登場する年齢の違う女性を演じ分けます。



写真=佐藤浩

 *******************

 「四代目桂福団治芸歴六十年記念公演」
 (10/26、大阪松竹座)

 上方落語界最古参の桂福団治さんが、79歳の誕生日に芸歴60年を記念する落語会を開きます。桂ざこばさん、笑福亭鶴瓶さん、桂文福さんがゲストで華を添えます。




読み物は随時アップしていきます。

9月号の紙面は「よせぴっ」のオフィシャルブログからダウンロードできます。紙面はアップしてます。ご活用ください。 

※キャプションのついていない写真は日高美恵が撮影しています。各写真の無断転載はご遠慮ください。